おすすめ!ナチュラルファッション、インテリア、子供服 & 働くママの妊娠から出産、育児ブログ

ハタラク ママ 働く 妊婦 ハタラクニンプ

北欧インテリアと息子の成長とナチュラルお買い物日記

Take a look at this

日本に専業主婦なんていらないよね。 子供の視点で考える

  24, 2016 12:54


こんにちは~


子供が生まれてから、女性が働く事を考える。



また、色々情報や経験から思った事は
専業主婦がいなかったらもっと日本は豊かになるのでは?

そもそも、貧困家庭がニュースになるが、
貧困家庭の半数以上は母子家庭。
女性が稼げないとういう事実がある。

結婚や出産で今までのキャリアを捨て
専業主婦になった人も大勢いると思った。
そこでだ。。。大人の事情で片親になった時に
一番被害を受けるのは


子供。。。。

子供は親選べないし。

悲しすぎる社会だよね。


ふとした時、良妻賢母と言う言葉。
とっても嫌な言葉だなぁ~と思って、
海外でもあるのかしらと調べてみた。
英語でそーいった一言で表す言葉は
見当たらず。

Good wife, C lever mother とか
でも、限定的に働かず家の事だけを行う内容が含まれないと良妻賢母という意味にはならないね。



なんとなくで、ここまできた私。

そもそも10代、20代で定年まで働こうなんて考えもしなったなぁ~。

いつか結婚したら仕事を辞めるだろうなぁ~そんなイメージしか無かったな。

実際、産休して復帰して同じ職場で働いているが、

やっぱり…
女性だけが家庭の為にキャリアを失うという時代は終わりした方がよいと思う。

夫婦で協力しあって、子育てすれば可能。
ただ、私たち世代、まだこれからの世代も
男性の育児参加意識は甘いと思う。

私も散々パパと喧嘩してきて今があるが、
どこか女性がやるべきだ!思想が男性にある。

この喧嘩も一つ間違えば離婚になってしまう。

子供の立場からすれば、ほんとに悲しい話だ。

女性がキャリアを失わず働き続きえる事が
当たり前な時代になれば、今よりは貧困家庭は減るだろうと思う。

貧困は子供にとって過酷な事だとしみじみ思う。

分業を主体とした日本の社会構造は既に破綻している。


非雇用社員が増え、稼げない男性が増えた世の中で、結婚しても専業主婦に慣れず、仕事ばかりが増える女性。


家庭の仕事、掃除、洗濯、子育てを全て女性がやるべし、やるべき、当然だと価値観を植え付けられてきた世の中だか、よくよく考えれば、男性優位の洗脳なのである。


日本国民として、国を守るなら、子供が主体となった社会構造であるべきで、また、馬鹿げた価値観だと日本女性は早く気が付いて欲しい。









お手数おかけしますが、
ぽちっと応援クリック していただけると♪♪

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ
にほんブログ村
いつもたくさんの応援クリック
ありがとうございます (*´∀`*)


スポンサードリンク

良妻賢母 日本

  •   24, 2016 12:54
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment