おすすめ!ナチュラルファッション、インテリア、子供服 & 働くママの妊娠から出産、育児ブログ

ハタラク ママ 働く 妊婦 ハタラクニンプ

北欧インテリアと息子の成長とナチュラルお買い物日記

Take a look at this

忍耐、我慢は日本の美徳? 日本教育の過ち 悲しき日本 その2 

  21, 2017 00:10



こんにちは~

ほんと毎日のようにニュースを見ると悲しい
世の中だと感じずにはいられない事が多すぎる。

ほんとに最近思えるのは忍耐、我慢。
これ日本人好き過ぎる~

確かに、
生きる中で忍耐や我慢すべきことは沢山ある。
出来なければ生き抜けない事もあるとは思うが…

ただ、命落としてしまうって、ほんとに悲しすぎるよ~。


いじめも受けている子供や大人が
自己主張できない性格といえば話は終わるが、

いじめで耐える事も我慢をする事もない

特に最近の福島から避難してきた方々のお子さんの
いじめは悲しすぎる。

それを全くとりあわなかった横浜市の教育委員会は
腐っているとしか思えなかった。

教育委員会って、存在する意味があるのだろうか?


学校で水を与えずに走らせて熱中症で死亡とか…
ほんと、我慢させる事に何の美徳があるのだろうか?

子供が大人に対しても自己主張するのは
悪い事ではないと思う。


むしろ、おかしいと思う事は自由に発する事の方が
大切なんではないだろうか?

それに対して、どこまで大人が納得させられるかが
とても重要だと思っている。

子供に納得させる事はかなり知恵が必要だ。

それが面倒でルールや規則で縛りつける教育は
間違っていると思う。

守る事ばかりが優先されるのは時としてほんとよくない。


また、子供の環境が最近悲し過ぎると思う…




今まで遊べた公園でボール遊びが禁止された。

ボールが飛んできて危ないという。
いったい子供はどこで遊べばよいのだろうか?

禁止するなら、新たに出来る場所を提供すべき
なのに、全くそーいった事をやらない行政。


ほんとにムカつくのは文部科学省。
近所の小学校の放課後教室は週に2回しかない。
他の地域は週5なのに…

頭にきたので、何故だろうと調べると!
分配方法が各学校単位なんだよね。

生徒数に格差があるのに。
生徒数の多いところでは予算が足りなくなる。
有償ボランティアに支払うお金が足りない。

文部科学省も腹たつが、区の予算も問題あるだろう。
もっと子供達の為に使ってくれ。


学童保育もいっぱいで、狭い中に入れられて、
子供が成長する環境として最悪だと思う。

保育園の問題もまだ解決されてないけど、
学童保育の整備ももっと力入れてほしい。

子供達が安全でのびのびと放課後を
楽しみ学ぶ為の時間を与えて欲しい~!


悲しきニッポン…行政は子供達の為にお金を使え!



お手数おかけしますが、
ぽちっと応援クリック していただけると♪♪

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアライフへ
にほんブログ村
いつもたくさんの応援クリック
ありがとうございます (*´∀`*)


スポンサードリンク

行政 文部科学省 お金の使い方 酷い 放課後 学童

  •   21, 2017 00:10
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment